空中戦

南米式フットサル

足でボールを操り、小刻みに、のびのびと長く、パスをつないでゴールを狙う。言うまでもなく、これはフットボールのことです。
テクニシャンやファンタジスタと言われる人たちの流麗な足さばきの間でクルクルとピッチを転げるボールの動きに、魅了される人も多いでしょう。
ソサイチ大会も、フットボールに類するゲームの大会として行われているものです。正しくは、フットサルの大会として。

ソサイチ大会の「ソサイチ」というのは、南米ブラジルにおけるフットサルの在り方をしめしたもので、従来のフットサルよりはどちらかと言えば大らかなルールで試合が行われるようになっています。
7人。それが、ソサイチ大会が行われているときのコートに入っているチームメイトの数です。
7人対7人で、サッカーよりも小さく従来のフットサルよりもちょっと大きく、ちょうどよく楽しく試合をすることが出来るのが、ソサイチ大会です。

楽しくソサイチ

「ソサイチ」は、ブラジルで使われているポルトガル語で「社交」を意味しています。ソサイチ大会は、フットサルの腕前をシリアスに競い合うというよりは、楽しいプレイをテーマにしたものです。

詳細を確認する

日本での大会

世界一陽気な国、ブラジルが発祥の楽しいフットサルをプレイするソサイチ大会は、日本でも行われています。いつどこで大会が行われるのかは、インターネットで調べることが出来るようになっています。

詳細を確認する

合宿について

ソサイチ大会への参加に先駆けて、自分たちのフットサルチームで行う合宿にも行くことが出来ます。ソサイチ独特の方法に慣れるためにも、行ってみるのがいいでしょう。

詳細を確認する

ネットから大会参加

磨きぬいたフットサルの腕を(足を?)発揮するために、ソサイチ大会に参加を表明しましょう。それには、インターネット上でソサイチについてまとめている申し込みサイトを使っていくのが便利です。

詳細を確認する

チームのレベル

楽しくプレイすることを主眼とするソサイチ大会では、参加する各フットボールチームをレベルごとに分け、大会を開くことになっています。自分たちのチームがきちんと楽しめるレベルを選びましょう。

詳細を確認する

レガース

サッカー用のスネ当て、レガース。フットサルのソサイチ大会では、この道具を使うことが半ば義務付けられています。なぜかと言うと、スネは「弁慶の泣き所」だからです。物がぶつかると痛いからです。

詳細を確認する

シューズの違い

ソサイチ大会の発祥の地、ブラジルでは靴も履かずに子どもたちがフットサルを楽しんでいる姿を見られますが、地球の反対側のこっちではなかなか「自由にどうぞ」というわけにはいかないようです。

詳細を確認する